MENU
熱帯魚

熱帯魚の王道ネオンテトラの初心者向け飼育方!病気や繁殖などを解説!

ネオンテトラについて!

初めて水槽を立ち上げ後にまずトライしてみたい熱帯魚といえばこのネオンテトラが有名ですよね。頭から尻尾まで入る綺麗なブルーラインに腹部から尻尾まで入るレッドラインは、見る人を魅了させる色のコントラストを持つネオンテトラの人気度は未だ不動と言えます。

そんなネオンテトラはカラシン科と言われる分類の小型熱帯魚でよく〜テトラとつく名前の熱帯魚の中で定番の種類となっています。

野生のネオンテトラはアマゾン川で生息して群れで暮らしていることが多く体長もおよそ2〜3cm程度ということもあり、集団で外敵から身を守る為とも推測されています。

その綺麗なボディーからアクアリウムで注目されいまとなればアクアリウムの定番観賞用熱帯魚として広く知れ渡ったネオンテトラです。

人気な理由は美しさ意外にもあり、まず丈夫というとこです。しかしネオンテトラの平均寿命はおよそ2年程度と言われていて中には1年持たない生体もいます。

幅広い水温に対応してある程度の水質の変化にも強いとされていて、なおかつその温厚な性格から他の熱帯魚との混泳も可能なのでアクアリウム業界では初心者向けとオススメされてもいます。

そしてショップなどで安価で売られています。1匹あたり100円以下で購入が可能でまとめて購入して群れで水槽にて泳がせると良いでしょう。

ネオンテトラは水槽で群れてくれやすいので非常に綺麗です!

ネオンテトラの育て方について!

ネオンテトラを飼育するに至って必要な環境条件

  1. 水質は弱酸性から中性が適正
  2. 水温はおよそ25℃程度が適正水温(最低23℃〜最高28℃くらい)
  3. ペアまたは群れで飼育すること(最低2匹以上)
  4. 一般的な水槽環境(ヒーター・照明・ろ過フィルターなど)

以上がネオンテトラを長く飼育していくために必要な環境条件は上記の4つとなります。

ネオンテトラの飼育方について

まず水槽を用意しますがネオンテトラ専用水槽にするのならば30cmキューブでも可能です。およそ10〜12匹の飼育が可能です!

もし仮に60cm水槽なら20〜22匹程度飼育が可能で、群れたりしているところを観賞できるでしょう!しかし大きな水槽で他の熱帯魚と混泳させるなら過密飼育には注意が必要です

水質はできれば弱酸性〜中性を好むネオンテトラですが、少し弱アルカリ性に傾いていても問題はないでしょう。ネオンテトラは丈夫なので極端に水質が傾かない限り、元気に泳いでいると思います。私の飼育しているネオンテトラの水槽は石などがレイアウト用で入っているため弱アルカリ性の水質ですが、1年半も生きて元気いっぱいに今日も泳いでます!

水温は25℃前後が理想とされていますが、多少のズレは大丈夫です。夏場は最高で30℃以上を超えないようにするれば問題ないです。冬場は23℃くらいをキープしてあげましょうネオンテトラも一応熱帯魚のため20℃くらいから以下にになると動かなくなります。

飼育の際はできれば群れで入れてあげてください。他の熱帯魚との関係で数匹しか入れられないという事でも。大丈夫です。ネオンテトラは小さくて性格も温厚でそしてややビビリです。

単体で飼育していると他の熱帯魚に気を使ったり寂しさを感じてしまい、ストレスに繋がるのでできるだけ2匹以上できれば5匹以上をまとめて飼育することをオススメします。

あとはろ過フィルターの設置をして亜硝酸やアンモニア濃度に気をつけてあげてください。ネオンテトラでもあまりにもひどい汚い水質はもちろんよろしくありません。

そして体内時計をコントロールさせる為の照明と水温の確保のためのヒーターも忘れずに!

スポンサーリンク

ネオンテトラがかかりやすい病気について

有名なネオンテトラがかかる病気はネオン病と言われる伝染病で、これは尾腐れ病などと同じ菌が原因でネオンテトラの色落ちが進行してヒレなどがボロボロになってどんどん弱っていく病気で正直この病にかかってしまった生体を完全回復させることはほぼ不可能です。

その他にも白点病や尾腐れ病などもありますが、

対策について

対策として一番大切なことは日頃のメンテナンス水質の管理です。もうこれを徹底するしかありません。ネオンテトラが何かしらぬ病気にかかる=水質の悪化を考えるようにしましょう。病気にならないようにするには未然の対策がとても重要で、水換えをしっかり定期的に行い月に1度はフィルター・ヒーター・水槽の面などを掃除すること。餌をあげすぎない。などが挙げられます。

治療について

治療はまずはすぐ隔離して塩浴させましょう。塩の分量は1リットルに0.5gの塩を入れて水温を28℃以上をキープさせてエアレーションを行い1週間程度様子をみます。水換えは毎日1/3を換えてあげて様子をみましょう。

もしそれでも改善がみられない場合は薬浴になります。

塩浴&薬浴!熱帯魚の病気や治療についてはこちら!

繁殖について

結論からいいますとネオンテトラの繁殖は初心者向けではありません!難しいです!

繁殖させる為の手順

①まず若いネオンテトラをショップで購入します。まだ体調1cm未満のネオンテトラを選ぶようにしましょう。そして数匹のオスメスを別の水槽へ隔離させ22℃くらいの水温をキープさせます。

ネオンテトラのオスは上から見てスリムな方がオス

メスはお腹が横に膨らんでいるのがメスです

②それから1〜2週間そこで生活させて様子をみて徐々に水温をあげていきます。およそ25℃ほど。そこに水草や100円ショップなどで売られている黒いネットやシュロ網を入れておくと産卵場所になります。

③そして産卵を確認すると親ネオンテトラを元の水槽へ戻し、隔離している水槽の稚魚たちが孵化して泳ぎ始めるまで待つ。(この時水温は一定に保つこと。およそ25℃)およそ3日程度で孵化します。

孵化して3日後から餌はブランシュリンプという小さな微生物が入った液体を毎日2〜3回に分けて与えてください。あげすぎはいけません!

④およそ30日程度で1cmくらいに体調が大きくなるのでそれからは普通に混泳させてOKです。

かなりネオンテトラの繁殖だけかなり上級者向けのレベルになりますが、トライしてみたい方はぜひ!挑戦してみてください!

まとめ

  • ネオンテトラは丈夫で飼育も簡単で安く手に入る熱帯魚で初心者向けではある
  • 繁殖は難しい!
  • 日頃の水質管理には気をつけて、ネオン病などにかからないように気をつけてあげること!もしもかかってしまったら塩浴or薬浴!
  • 群れで泳がすととても綺麗な熱帯魚!単体での飼育はストレスになる為できるだけ避けよう!

以上がネオンテトラの飼育方についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!