熱帯魚

初心者向け!ベタ飼育!繁殖や魅力についてもご紹介!

スポンサーリンク

ベタについて

ボトルリウム  ベタ

皆さんも聞いたこと&見たこともあると思いますベタ!今回はアクアリウムの中でも定番で初心者さんにも安心して簡単に飼育できるベタについてご紹介していこうと思います!

ベタは基本的に水槽設備が整っていなくても水溜りなどでも生きていけるようなほんとに強い生体なのです。

このベタ、なんとタイからやってきたお魚なのです。金魚は中国ですがベタはタイからやってきたのですね、なんだかグローバルチックな感じではあります。

実はタイではベタというお魚は観賞魚としても知られていますが、闘魚としても広く知れ渡っているのです。そのことからベタというのは単体飼育向けでオス同士で同じ縄張りにいるとどちらかが負けるまで戦い続けます。気性は荒めです。

元々このベタはタイなどの田んぼや流れのない用水路や溜池に生息している生き物で、水流のない静かな場所を好みます。

そしてこのベタの強いところは水面に口を出して自ら外の酸素を取り入れて呼吸をして生きていけるというとこなのです。一般的に魚というのは水の中にある酸素をエラ呼吸で体内に取り入れる為、一般的にはアクアリウムでエアレーションは必要になって夏場など水温が高くなるにつれ酸素不足になりやすい為気をつけなければなりませんが、

ベタの場合は大丈夫なのです。エラが特殊に変化していて、自分で酸素が水中にないと判断すると外の空気を取り入れて呼吸するのです。つまり水さえあれば比較的やや汚れていてもベタは生きます。

ですので比較的安易に初心者さんでも飼えるかと思います。

ベタに大きく分けてショーベタトラディッショナルベタに分けられます。

まずショーベタは品種改良を施されたベタになり、コンテストなどでよく見られるほんとに綺麗なベタが一般的に多く。今では驚くほどの種類のショーベタがいてどれも魅力的なベタが多いです。ショップにいくとこのショーベタが多く並んでいて値段もやや高めな印象です。

トラディショナルベタは一般的なベタでこのベタがタイなどでよく生息するタイプのベタで一番生命力が強くて、飼いやすい個体だなと思います。ショーベタに比べて値段は比較的安めでありショーベタとは色もちょっと違い落ち着いた印象があります。

ベタの飼育方

一般的にベタは個体で飼育されるのが多くその気性の荒さから他の魚を攻撃する習性がある為、わたし的には混泳を避けた方が良いと思います。オスメス同士ならまだ大丈夫かもしれませんが、オス同士なら必ず喧嘩します。

瓶などに入れて個別に分けて飼育しても良いですし、一つの水槽で飼育しても良いと思います。水槽の大きさは30cmキューブで十分かと思います。

水換えの頻度は大体2週間に一度程度で1/3 くらいを水槽飼育の場合行ってあげると良いでしょう。瓶などで飼育している場合1週間に一度半分くらいの水換えを行ってあげると良いです。瓶には濾過機能もない為、水が汚れていくスピードが早いからです。

もちろんカルキ抜きをした水を入れるようにしてください。いくらベタだからと言って塩素にも強いというわけではありません。

水温に関しましては金魚と同じく変温動物な為、幅広い水温に耐えれることはできますが、原産地はタイで年間を通して温かい気候の土地で生息している為およそ20℃以上をキープしてあげると良いでしょう。適温は25℃前後を保てば良いと言われてます。

やはり20℃以上水温が下がると餌の食いつきが悪くなったり、底で動かなくなったりなどとなります。ベタは温度の急激な変化に弱い生き物です。

これは他の熱帯魚も共通していることではありますが、冬場はヒーターを入れてあげたり、瓶飼育の場合は暖房がきいている部屋に置いてあげるなど対策をしてください。

餌は1日に2〜3回程度を少量与えてください。ベタの餌は通販またはショップで購入可能です。ベタの場合痩せていくすぐに気づくので餌が足りないのかもと判断したら量を少しだけ増やしてあげてください。もちろんあげすぎは注意です消化不良になってしまいます。

小さな量をなるべく分けてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

ベタの繁殖について

ベタの繁殖に関しては比較的初心者さんでも成功しやすいです。

しかしベタの繁殖はかなり独特で、オスが水面に泡を吹いて巣を作り始めます。これはオスが発情していることを意味します。そしてそこにメスを投入します。しかしベタの世界でも相性はあります。投入する前にオスとメスのベタを別の瓶に入れて、近づかせてお互いお見合いをさせます。オスの方がフレアリングと呼ばれるヒレを大きく開いて威嚇し始めて、泡を増やし始めたらメスを入れて良いでしょう。およそ1日程度で良いです。これは突然オスの水槽にメスを入れて敵とみなして攻撃させないように予防する為です。この時水温を28℃くらいにやや高めに設定しておくのがポイントです、

その後メスを投入して2〜3日様子を見ましょう。ベタの世界の繁殖は激しくオスがメスを追いかけ回してボッコボコにします。そして3日程度で注目してもらいたいいのはオスが作った表面の泡です。そこに産卵していれば繁殖成功です。ここでホテイ草などの浮き草を入れておくとより良いですね。

しかし1週間経ってもまだメスをつついているだけなら相性が悪いということなのでメスを救助してあげて別の水槽に返してあげてください。再び時間が経ってから再チャレンジか別のメスを入れるかしましょう。

すごいのがベタはちゃんと子育てします。メダカや金魚は遠慮なく産んだ卵や稚魚を餌と間違え食べてしまいますが、ベタは子育てをします。ここもベタ飼育の魅力ですね。

泡に散乱された卵が時々落ちてきます。それをオス&メスベタは口に含み再び泡へと返すのです。水温をやや高めにキープしていればおよそ3日程度で孵化します。

孵化した稚魚たちのお腹には栄養が蓄えられてる為、餌は与えなくてもいいです。その後自分で泳げるようになってからは水槽に自然発生するプランクトンなどを食べて成長していきます。ある程度大きくなったら稚魚ようの小さなパウダータイプの餌を与えると良いでしょう。

稚魚たちがオスメスがわかるようになるくらい成長したら水槽を分けて再び単体で飼うようにしましょう。ベタの飼育には色々と感動するものがありますよ!

ベタがかかりやすい病気について

ベタはヒレが長い為、よくかかりやすい病気としては水カビ病でヒレがかけていたりするとまずこの病気を考えましょう。白いワタなどがついていたら間違い無いです。すぐバケツに塩を入れて塩浴させましょう。1リットルに対して0.5gの塩水を準備してください。そこへ1〜2日程度の塩浴をさせてください。

その他に白点病も多いです。これは水温が下がってくるとかかりやすい病気で生体の体に白い点々がついている状態のことです。つまり寄生虫です。早めの塩浴をオススメします。初期段階だと比較的すぐ治りますよ。

以上がよくベタに見られる病気です。その他の症状が出た場合もまず塩浴させて見てください。

まとめ

ベタの原産国はタイショーベタトラディショナルベタの2種類いる!

ベタはとても丈夫な生体で初心者さんでも飼育可能な熱帯魚ではあるが、瓶飼育の場合、水質の変化や水温の変化に気をつけてあげないといけない。

平均的に25℃前後を保つようにすること。繁殖させたい場合は28℃を目安に設定すること。

オス同士の混泳はさせないこと!繁殖させたい時にメスだけを混泳させるのはOK!

水カビ白点病などにかかった場合はすぐバケツに移して28℃以上の水温を保ち、1リットル0.5gの塩浴をさせること!

以上ベタについてでした。アクアリウムの入門としてベタ飼育はオススメですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!