熱帯魚

上級者向け!巨大魚の飼育!アロワナ飼育などに必要な物やエサなどを解説!

アロワナ

スポンサーリンク

巨大魚ってどんなの?

アロワナ

アクアリストならば一度は夢にみる巨大魚水槽・・・巨大魚にしかない固有のオーラ…一台の水槽を別世界へと変えてくれる巨大魚飼育の世界…

 

しかしそれは手入れが大変で餌も特殊で水換えするときの量も多く色々と手間がかかるのでやはり上級者向けであります。

 

もちろんある程度の経験と知識がないと持続が飼育が困難になっていきます。ですのでこちらの記事では中級者以上向けの記事となります!でも将来巨大魚飼育を考えてる人は必見ですよ!

 

巨大魚飼育に必要な物

まず最初に大事なのは時間費用です!

 

なぜかというと・・・こまめに水換えなどしてあげないといけない&餌もいろいろな種類をあげないといけない

これは普通のアクアリウムの倍の費用がかかりますし、巨大魚なのでたくさん食べてたくさん排泄物も出します。なので水質を維持するために結構気にしてあげないといけないので遠出などが難しくなってきます・・・

 

最初からネガティブなイメージかもしれませんがこれは責任を持って最後までお世話してあげることが飼育者にとって役目なので書かせてもらいました。こちらのことは一般的なアクアリウムでも同じです。それプラスもっと多めの費用や水槽のお世話をしないといけない時間が増えますよということです。

 

まずこの二つを踏まえた上で次に必要な物をご紹介していきます!

水槽

まずは最低90cm以上できれば120cm水槽を用意してください。できればアクリルの方を私はオススメします。なぜならまず頑丈。もしもの時地震などがきて水槽が倒れてもガラス水槽とは違い、割れて飛び散りませんし、安全です。

そして安価。ガラス水槽の90cm以上と比べますとアクリルの方が全然安いです。巨大魚飼育はコストがかかるのでここである程度抑えておきたいですよね・・・

最後に軽い!これはとても重要で90cm以上の水槽に水を入れると数百キロくらいまで重くなります。ちゃんとした水槽台をしたにおいて置かないと本当に家の床が抜けそうで怖いです・・・仮に120cm水槽を購入したとしてアクリルの水槽は(水を入れていない状態)16kg程度に対して、ガラス水槽はおよそ50kgになります。持ち運ぶだけでも大変ですよね・・・。この3つのことから私はアクリル水槽を使用されることをオススメします

もちろんガラス水槽にこだわるんだ!という方は構いませんがどっちかというと小型〜中型熱帯魚向けかなと思います!

水槽について詳しくはこちらから!

ろ過装置(強力な)&エアレーション

そしてろ過装置です。これは必ずフィルターをつけましょう。ハッキリ言って巨大魚はすぐ水槽内を汚します。それに追いつく濾過機能を準備しておかないといけません。

私からは外部フィルターまたは大型上部フィルターをつけてその補助ろ過装置で投入式のエアレーション(大)を入れることをオススメします。ダブルの濾過システムで対抗していかないとろ過が追いつかないかなと思います。そしてエアレーションも必須。水を循環させないといけませんしろ過も助けてバクテリアの増殖も補助します。

巨大魚飼育の際はエアレーションはつけっぱなしでいいでしょう。

照明

これも必須ですが、巨大魚なので独特な演出が似合うので紫や赤色のLED照明を選ぶとカッコよく巨大魚水槽っぽくなるでしょう。私は青や赤などの独特な照明が好きで大型用にはつけてます笑。

もちろん普通の蛍光灯やLEDのライトでも構いませんが蛍光灯はつけ過ぎないようにしましょう。日焼けなどの原因になります。そして朝晩のオンオフも忘れずに・・・。

ヒーター

いくら巨大熱帯魚だからと言っても温度には気を遣ってあげないといけません。一般的なアクアリウムですと大体25℃〜28℃が適温だと言われてますが、大型魚の場合30℃と、やや高めに設定してあげるといいでしょう。これは病気予防や餌の食いつきに影響してきます。大きい120cm水槽だとヒーターが1つでは30℃まであげるのに難しいと思いますですのでもう一つヒーターを入れて温度調節してあげるといいでしょう。

ヒーターの取り扱いには十分に注意してタコ足配線になってないか、周りに燃えやすい物をおいてないか、感知するところはちゃんと水没しているかなどしっかり確認しましょう。

巨大熱帯魚の餌

さぁきました。大変なのはこちらです。そうです餌やりなのです!食べる物が普通の熱帯魚と違って昆虫や幼虫などをガツガツ食べていきます。そして栄養が偏らないようにビタミン剤も投与してあげないといけません。いや〜これがほんとに大変で虫嫌いの私にとって毎日悲鳴をあげながらコオロギ幼虫それから生きた金魚などを与えてました・・・。

これも巨大魚たちの健康を維持していくためです!生き餌の金魚などを購入しているとやはり餌代にかかる費用は高いですね・・・

よく知られている大型熱帯魚

これは巨大魚飼育の王道アロワナです。

一度は見たことはあるかと思いますこのアロワナ。色も種類もあって高い個体は1匹100万円を超えるのもいます!上手に飼育すれば10年以上は生きるアロワナ。子供の時から飼育すればその成長スピードには驚かさせられますよ!

ピラルク

こちらは世界最大級の淡水魚ピラルクーです。

とにかくデカイです。大体3mくらいになります個体によりますがもっと大きくなる子もいます。210cm水槽でもたりません。3m以上の水槽を用意しないとピラルクーは飼育できません。もう完全に成長しきったピラルクーは水槽というか特殊リフォームされたプールのようなとこで買われています。流石に私自身も飼育しようとは思いません。笑

その他にもオスカー・ナイフフィッシュ・レッドテールキャット・ポリプテルスなどといった巨大魚がいますが、もし飼われるならしっかり検討してご自分で管理できる範囲でお願いします!

今でも飼い主が飼育できなくなり近くの川に放流してしまい日本の生体を崩してしまうという悲しいニュースも入ってきます。必ず最後まで責任を持ってお世話しましょう。

まとめ

アクアリウムを始めると憧れる巨大魚飼育。しかしこれはある程度の知識と経験と最後までお世話するという強い責任力がないと飼育はできないため上級者向けのアクアリウムとなる

一般のアクアリウムと違い長く水槽のメンテナンスや水換えなどの時間と多くの餌代の費用がかかってしまう。それでも大型魚を飼育してみたいと思う方はぜひ!

途中で飽きたり大きくなり過ぎて飼えなくなったなどの理由で絶対に川などに放流しないこと!できないなら最初から飼わない!これを必ず守ってください。

以上で大型魚飼育についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!