ニュース

ナント大聖堂の火災原因は何?事故か放火の可能性!オルガンも焼失!

フランスのナント大聖堂で火災が発生したニュースが話題となっています。

何が火災の原因なのか気になりますね。

ナント大聖堂の火災の原因は放火?事故なのでしょうか?

そしてオルガンが焼失したとの情報も!

ナント大聖堂の火災は現在は鎮火したのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ナント大聖堂とは?

ナント大聖堂とはフランスはナントにある聖堂でフランスでは一番の高さと面積の広さを誇る聖堂と言われています。

正式にはサンピエール・サンポール大聖堂といい

もちろん世界遺産にも登録されている立派な聖堂です。

火災が起こった現在のナント大聖堂の様子

聖堂の真ん中部分から赤い炎が見えます。かなり激しく燃えていたのですね。。

現在の様子は無事数時間の消化活動によって火は鎮火されています。

しかし周りは立ち入り禁止状態で現在はその原因について追求しているとのこと。

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

火災の原因は何?放火?事件?

現在、ナント検察が原因を調べているとのことですが 、どうやら放火の可能性が高いと発表されています。

その理由に関してナント検察は火災現場に到着した際に、3カ所別々のところで火災が発生していたとのこと。

確かに3カ所別々に火元があるのはおかしいですよね。

かなり放火の疑いが高いとみられます。

現在は放火の疑いとみて調査しているとのことです。

一度1972年にも火災が発生したこともあるナント大聖堂ですが今回の火災はそこまで酷くないとのこと。

当時、屋根を修理するのに13年かかったそうです。

今回はどうなるのでしょうか?

オルガンが焼失したとの情報も

この大聖堂の中には歴史的なオルガンが中央に置いてありなんとそのオルガンが焼けて全壊したということです。

この焼失してしまったナント大聖堂のオルガンは1620年頃に作られた物出そうで

過去にフランス革命や第二次世界大戦などの危機を乗り越えてきましたが

400年たった今、こんな形で無くなってしまうのはとても悲しいです。

更に有名なステンドグラスも全壊したとの情報もあります

残念としか言いようがありません。。。。

今後の見通しはどうなる?

かなり酷く焼けてしまいオルガンやステンドグラスの全壊などもあり修復には数年かかると見込まれています。

更に今は新型コロナウイルスの影響で観光客の姿も大幅減少していてすぐに観光客が入れる状況でもないし

たくさんの作業員での修復工事もコロナ予防対策の為、制限されると見込まれ順調に復帰の見通しはまだまだ先のようです。

 

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!