アクアリウム機材

水槽立ち上げに必要な物!水槽について!大きさや種類など!

水槽, 魚

スポンサーリンク

水槽を立ち上げる前に必要な物は!?

〜水槽〜

まず水槽立ち上げ前に必要最低限な物を揃えておきましょう!

最低限必要な物はこれから紹介していく5点になります!

・水槽

・照明

・ろ過器

・ヒーター

・カルキ抜き(塩素中和剤)

こちらの5点セットがあればすぐに水槽を立ち上げることができます!最近では水槽スターターセットでこの5つがセットになって売られてもいますよ!

気になる方は是非チェックしてみてください!私の場合はそれぞれの器具にこだわりがあったので別々に買いました笑ここは皆さん人それぞれですねー!

では以上5点セットを解説していこうと思います!私の経験からのポイントも伝えていきますのでお楽しみに〜!

〜30cm水槽〜

水槽5点セット

水槽です!まずはこれがないと始まりません!笑

サイズは基本的に15cmづつに売られています!初心者さんにオススメなサイズは30cm〜60cmと言われています。その他にも90cm水槽120cm水槽といった巨大熱帯魚飼育向きの水槽もありますが、今回は初心者さんへ小〜中の水槽をご紹介していこうと思います!

上の写真の30cm水槽のような小さめの水槽のメリットは小さければ管理しやすいと言うのもありますね!あとあまり場所もとりませんし、お水を入れてもあまり重くはならず場所を移動したいと思った時も一人でお引っ越しが可能ですし、水換え作業の時も楽チンですね!私自身も最初は30cm水槽から始めました!

ただしデメリットはやはり水質悪化が比較的他の大きな水槽より早いと言うとこですかね、立ち上げ当時は濾過バクテリアがちゃんと繁殖していないので白濁りを起こしたりいきなり熱帯魚を入れると水質の環境が整っていないと死んでしまうこともあります。

ですので最初は頻繁的に水換えを行うようにしましょう。(週に3回くらいが良いですね)そして生体はおよそ5匹程度がベストかと思います!

そしてある程度時間が経ってからパイロットフィッシュを入れて様子をみましょう。

〜45cm水槽〜

次は45cm水槽です!

こちらも初心者さんにはオススメのサイズの水槽となっています!やはり30cm水槽に比べてレイアウトの幅が広がりますよね!水草を置いたり流木を置いたり石を置いたりなどあなたのレイアウトの腕が試される非常にいいサイズの水槽かと思います!

水換えも30cm水槽に比べて頻度にする必要はありません。比較的水質も安定して悪化しにくくはなるでしょう。そしていろんな小魚を混泳させることが可能となります。ある程度の面積があるので熱帯魚へのストレスも軽減しますし、一種のお魚を群で泳がすのも良いですよ!

約10〜15匹くらいがベストかと思います。それ以上の熱帯魚を入れてしまうと、過密飼育になりお魚さん達へのストレスの原因や水質悪化につながります。そこのとこはしっかり熱帯魚たちの負担にならないように配慮してあげましょう。

〜60cm水槽〜

水槽, 魚

そして60cm水槽でこちらは我が家のメイン水槽のお写真です笑

トリミング前の写真なので水草がボーボーでございます笑

さてさて、初心者さんの中でもいきなりドン!と中型の熱帯魚を飼いたい!と思われる方もいらっしゃるかと思います。または小型の熱帯魚をたくさん飼っていろんな種類を混泳させたいと思っている方もいるかと思います!そんなアクアリストにオススメなのがこの60cm水槽です!

45cm水槽に比べて水質もより安定しやすく、サイズもあるのでアクアリウムの魅力がグッと出るかと思います!そしてたくさんの水草や熱帯魚を飼うことができるし、やや大きめの流木や石を入れてレイアウトの幅が広がるので楽しさ倍増です!

その反対に60cm水槽の大変な所は、やはり水替えの時やお掃除の時ですね。。。面積が広いのでを取るのも大変ですし水替え時には大量のお水が必要となってきます。あと移動の時も重くて誰かに手伝って貰わないと移動は難しいですね。。。

しかし、水換えも2週間1回で良いかと思います。自分は水換えというよりも足し水をしていました、冬場など特に乾燥すると飼育水が蒸発しやすいので定期的にカルキ抜きしたお水を入れてましたよ!

60cm水槽に入れる生体はは多くて40匹までかなと思います。ベストは30匹ちょいくらいですね、あまりいろんな種類の魚を入れてしまうと相性が悪い魚同士で喧嘩になりヒレがボロボロになるというケースもありますので気を付けましょう。

オススメの生体はネオンテトラ、グッピー、コリドラス、ミナミヌマエビなど上層、中層、下層で泳ぐ魚を入れてあげると水槽のバランスも良いですね。あとお掃除役としてミナミヌマエビを入れることをお勧めします。小さな手の届かない苔を食べてくれるのでありがたいですね!

ガラス派?アクリル派?水槽の種類!

さぁ!水槽のサイズを決めたら次は水槽の種類を決めていきますよ〜!

種類はガラス水槽とアクリル水槽です!ではそれぞれのメリットデメリットを紹介していきましょ〜!

ガラス水槽

ガラス水槽

〜ガラス水槽〜(メリット)

こちらは全面的にガラスで覆われているクリーンな水槽です!

水草をメインにしたいや小型の熱帯魚を飼育したいという人にはこちらがお勧めかと思います!アクリル水槽の黒いところが鑑賞の時に邪魔になって気になる!っていう人はこっちですね。

・そしてより水槽をネイチャーに見れるかと思います。そして透明度も高いし小さな傷が付きにくいというメリットもありますね!

続いてデメリット

・やはり衝撃に弱く手を滑らせてちょっと落としてしまうと欠けてしまったりヒビが入ったりして水漏れの原因になります

・アクリル製に比べて重たい

・大型水槽になれば値段がアクリルより値段が高い

というところでしょうか。。。

アクリル水槽

アクリル水槽

〜アクリル水槽〜(メリット)

こちらはアクリル製なので耐久性が良くより安全な水槽です!

・何よりも衝撃に強く石などをレイアウトしてる時落としてしまってもヒビが入るだけで粉々にはわれません!

・そしてガラスより軽い!

大型水槽はガラスより値段が安くてこちらは大型の熱帯魚を飼いたいと思っている方にオススメです!

続いてデメリット

・ガラス水槽に比べて柔らかい作りになっているので水圧や気温変化なので変形しやすい

・アクリル水槽の中には上下の白や黒の帯が邪魔で見た目が少しカッコよく見えない。

・ガラス水槽に比べ透明度に欠けるあまりクリーンではない。

という感じでしょうか。。。

以上が二つの種類の水槽の違いかと思います!これは皆さん人それぞれですが

自分は大型熱帯魚を買うときはアクリルで単体で飼育して

小型熱帯魚&中型熱帯魚を群れで買う時や水草メインに立ち上げた水槽はガラス水槽を使用していますよ!

お互いに良いところがあるので皆さんも使い分けてみてはいかがでしょう!?

次の記事では照明について紹介&解説をしていこうと思います!

まとめ

・水槽にもサイズ種類がある基本的に15cm間隔で売られている!(15cmキューブ・30cm水槽・45cm水槽・60cm水槽・90cm水槽・120cm水槽)

自分に合ったサイズで管理できる大きさを選び楽しいアクアリウムライフを!

・大まかに二つの種類に分類される水槽!

一つはガラス水槽!

透明度が高く水草水槽やレイアウトをメインに考えて立ち上げる方にはお勧め!

二つ目はアクリル水槽!

軽くて衝撃にも強く安全!大型熱帯魚を飼育に向いている!大型アクリル水槽の方がガラス水槽の大型より安価!

以上で水槽の解説&ご紹介でしたー!

今記事も最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!