アクアリウム機材

水槽立ち上げに必要な物!塩素中和剤(カルキ抜き)&薬品を使わずカルキ抜きする方法!

スポンサーリンク

カルキ抜きとは?役割など

カルキ抜きというワードを聞いたことがあるでしょうか?これはつまり塩素中和剤を意味していて、名前の通り塩素中和にしてくれるということなのです。

つまりアクアリウムにおいてカルキ抜きは必要不可欠です。普通皆さん水道から水道水を持ってきてそのまま水槽に入れて飼育水にすると思いますが。。。そのままではいけません!我々が使う水道水の中には消毒のため塩素が含まれているのです。

この塩素は魚達にとって毒なので必ずカルキ抜きしてあげる必要があります。カルキ抜きには2つのタイプがあり液体状のカルキ抜き。それからタブレット型の小さく透明なカルキ抜き剤。これについて解説していこうと思います!

カルキ抜きの2つのタイプ

液体のカルキ抜き

私はいつもこの液体タイプのカルキ抜きを使用しています。理由は

速効性があるので液を入れて混ぜてからすぐに使えるという時間短縮のメリットがあり水換えの時など新しくいれる水の温度が下がらなくて済むので使い勝手がいいです。

それから今ではいろんな種類が出ていて、塩素を中和させる他に重金属を無害にする効果があるカルキ抜きがある他にエラ、皮膚の表面を保護してくれる役割も果たすといった効果があるという物質が含まれているカルキ抜きアイテムも出ています。値段は少し上がりますが私からしたらより安心なのでそちらを最近は使うようにしています。

これからも、もっとレベルアップしたカルキ抜きが出ると思うので乞うご期待ですね!

タブレット型(固形)カルキ抜き

これは昔からあるカルキ抜き剤で水換え時などバケツにこのカルキ抜き剤を入れておけば勝手に溶けていきカルキが抜けるという仕組みになっていますが、少し時間がかかるので私は液体カルキ抜きの方をオススメします。もちろんこちらにもメリットがあり、こちらの方がコストパフォーマンスに優れているというとこです。自分も最初学生時代の時はこちらを買っていましたよ!

薬品を使わずカルキ抜きをする方法!

ちょっと待った!

カルキを抜くだけの為にわざわざお金出してでもカルキ抜き剤を買いたくないよ!という方にオススメな方法がありますのでいくつかご紹介していこうと思います!

一つは沸騰させちゃう!ことです。

つまり水道水を沸騰させてしまえば塩素は飛びます!水量にもよりますが大体15分くらい沸騰させればほぼ完全に塩素が飛ぶでしょう。やかんなどで沸騰させるのがオススメですねしかし一度にできる水量が多くないので私はいつも水槽の足しみずの時にこの方法でやっていましたよ!

もう一つはバケツに入れて外で天日干し!

これは知ってる方が多いと思いますが、外に一日中バケツに水を貯めて置いておくということです。これをしてれば大体1日程度でカルキは抜けますよ!でも時間がかかってしまうのでやはりどっちの方法にせよカルキ抜き剤(液体タイプ)の方をオススメします!

できるだけ早くカルキを飛ばしたいなら紫外線が強い日に外においておくということです!やはり曇りの日や雨の日ではカルキが抜けるまで時間がかかってしまいます。特に夏頃は気温も高く、紫外線が強くなるのでいいですね。

まとめ

以上が今回のカルキ抜きについての解説です。

カルキ抜き剤の種類は2つあり、液体のカルキ抜き・固形のカルキ抜き。それとも時間を使った外での天日干し・やかんなどでの沸騰させてカルキを抜く方法。。。

皆さんのスタイルや好みでそれぞれですが、私は液体のカルキ抜きを使用されることを強くオススメします笑。時間短縮で使い勝手が良く簡単に済むので私はこちらを使い続けます笑

でも一番は生体が安心して安全に暮らせる水槽環境作りを目指すのが大切です。そこからぶれないようにそれぞれにあった対策や対応を臨機応変にしてあげましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!