淡水アクアリウム

エビ水槽に挑戦してみよう!育て方のコツや水温や水質や繁殖など!

スポンサーリンク

エビ水槽の魅力!

アクアリウムと言えば熱帯魚を飼う!という様に思われる方が多いかと思いますが、熱帯魚意外にもややマイナーな生体を育ててみるというのもアクアリウムを楽しむやり方の一つです。

そして今記事でご紹介するのはエビ飼育についてです!小さなあの可愛らしいエビを飼育してみたいけど、どうしたらいいのかわからないエビ単体で飼育した方がいいの?などわからない人向けの記事となっています。ではエビ飼育の基本について解説していきますね!

普段では苔取り役として飼育されている方が多いかと思われます。

特にミナミヌマエビヤマトヌマエビなど。品種改良されたレッドビーシュリンプといった赤い綺麗な観賞用エビも出回っています。

あの可愛らしい苔取り役のエビたちをメインで飼育したいとは思いませんか?

エビたちだけの水槽はとっても静かなイメージで外敵や餌を他に奪う生き物がいない為、エビたちも落ち着いて餌を食べていたり優雅に泳いだりと熱帯魚水槽とはまた違った「癒し」あります。

また他の水槽の苔取り役とさせてそのエビ専用の水槽で繁殖させてみたりと楽しみの要素はとっても詰まっているエビ水槽。

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビはボトルリウムなどでも簡単に飼育ができます。

しかしエビを長生きさせてエビのみで飼育させていくにはエビに合った環境を整えてあげないといけません。では細かく見ていきましょう。

エビの育て方!

今回はエビのみで飼育している状況で飼育方を解説していきます!

まずは水槽です!30cmキューブでも45cm水槽でもOKです。水槽を用意してあげましょう。

次にフィルターです。エビはそこまで水を汚しはしませんが、水質のことを考えるとフィルターをつけることをオススメします。

外掛けでも丈夫でも外部でもOKです。水槽の水量で選んだろ過フィルターが本来の力を発揮する様に設定していれば大丈夫です。

は弱めにしておいてください。もし外部フィルターなどで水流きつめで吸引力を強くしているとエビが吸い込まれてしまい、フィルター内でメンテナンスの時開けるとそこにいたということも私の体験談からもありました。

続いてヒーターです。高温すぎてもNGですし、冬の水温が下がり気味の時も同じ水温をキープできないとエビたちにとってダメージとなります。

照明はややLEDで十分かなと思います。エビの他に水草を入れているのならば蛍光灯でもOK。

適切な水温

大事なことは高温にならない様に気をつけることです!

エビたちは高い水温が苦手な生体です。オススメの温度設定は24℃前後でしょう。夏場でも28度以上になると危険です。色々と対策をねってください。

こちらの水槽の温度を下げるクーラーはコンパクトでおすすめです!

しかし、このようなクーラーは水が蒸発しやすい為、

こまめな足し水は必要です。水位が下がりやすくなるので注意!

好む水質

好む水質は弱酸性から中性と言われています。仮に弱アルカリ性になっていてもエビたちが活発に泳いでいれば問題ありません。

しかしエビは水質にとってもセンシティブな生体なのでPHショックを起こしやすいです。水合わせはかなり慎重に行う様にしましょう。

エビ水槽の水質を弱酸性に整えてくれて

最適な水質にしてくれるこのソイルはおすすめです!

うちのエビたちは生き生きしてます!もちろん水草も育ちますよ!

餌について

餌は熱帯魚にあげるタブレット型の下へ沈んでいく餌がオススメです。沈んでくれた方がエビたちも集まってみんなでつついて食べてくれます。

その他アカムシも食べます。定期的にあげると良いでしょう。餌は1日に2回程度で十分です。あげ過ぎには注意してください。普段エビたちは苔を食べているのでちゃんと餌をあげていれば栄養が足りずに痩せていくことはないでしょう。

気をつけること

エビ飼育で気をつけることは大きく2つです!

水温 ②水質(PH値)です。

①水温は特に夏場の暑い時期には注意が必要で、酸欠にもなりやすくエビは酸欠に弱い為、エアレーションを行いましょう。そして必ずクーラーのあるお部屋に水槽をおいてあげること

新しく水槽にお迎えする時も違う水槽へ移動させる時も必ず温度合わせと水合わせを行ってください。

②PH値を合わせることはとっても大事で、もしかなりPH値が違う水槽から新しい水槽へ移した場合、PHショックでかなりダメージを受けて弱ってしまいます。

つまりどちらも温度合わせと水合わせそして日頃の水温管理がとっても大事なのです。ミナミヌマエビやヤマトヌマエビなら多少の水質の変化があっても耐えられますが、しっかり気を遣ってあげましょう。

エビ飼育で長生きさせるコツ!

実はエビ飼育にもコツがあります。可愛らしいエビを長期にわたり飼育してその代を築きあげていきたいですよね。

大事なポイントとコツをご紹介します!

まずはソイル(底砂)を使うことです!ソイルには吸収系と栄養系とセラミックタイプがありますが、エビ飼育の時は吸収系の方を使う様にしましょう。もちろん有害な物質を吸収する効果にも期待できますが、ソイルは中性から弱酸性に傾けてくれて保ってくれる効果があります。

底砂からエビ飼育できる環境を作りあげていきましょう。

次に大事なのは水草です!

水草はエビたちの隠れ家にもなりますし、繁殖もしやすくなります。そして光合成をしてくれるので酸素も出してくれる為、酸欠になるリスクを減らしてくれます。

オススメの水草はウィローモスです!エビたちとの相性もよくてレイアウトにももってこいの水草ですよ!

繁殖について

ミナミヌマエビの繁殖は簡単にできます。

環境さえあっていれば卵を抱えたメスのミナミヌマエビが走り回っていて、気がつけば稚エビが生まれています。

とりあえず水質を安定させて温度をキープして餌をちゃんと与えて水草を入れておけば、ミナミヌマエビはちゃんと繁殖してくれますよ。

卵を抱えたミナミヌマエビを確認したら基本放置で構いません。母ヌマエビに任せましょう。ただ水質と水温の管理だけはちゃんとしてあげましょうね。

餌は大人のエビと変わらないタブレット型の餌でも構いませんが、基本的にまだ小さいエビたちは水槽の苔で十分です。大きくなるまで観察して見てください。

ヤマトヌマエビ関してはとても難しいです。なぜかというと汽水と呼ばれる海水と淡水が混じった環境でないと卵は孵らないからなのです。

私も以前トライしてみましたが失敗してしまいました・・・およそ70%ほどの海水淡水を混ぜて水槽を隔離させて1ヶ月ほど抱卵したヤマトヌマエビを入れておきます。

しかし、なかなかうまくいかないので私はヤマトヌマエビは購入した方がコストも時間も省けると思いそうしてます。

興味のある方はぜひトライしてみてください!

まとめ

  • エビ飼育で大事なのは水温の管理とPH値の管理!
  • 水草を入れてあげると隠れ家や酸素を供給してくれるので重要なポイント!
  • ソイルを使用することによって水質を安定させて水を中性から弱酸性へ保ってくれる。
  • ミナミヌマエビの繁殖は簡単だがヤマトヌマエビの繁殖は難しい!

以上がエビ飼育の基本と飼育のコツやポイントとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!