淡水アクアリウム

淡水水槽立ち上げ手順!水槽の設置場所や底砂の敷き方など!Part1

スポンサーリンク

水槽を立ち上げていく手順!

では必要最低限の物が揃ったら水槽を立ち上げていきましょう!まず最初は・・・・・・・

①水槽の置く場所を決める!

まずは水槽の配置場所を決めましょう!これはまず最初のステップであり重要なステップであります。もし配置場所を間違えたりすると火災の原因や水漏れなどした時、土台やその周りが腐ったりなどの危険性もあります。しっかり危険性はないかなど十分に配慮したのちに設置しましょう!

置く場所は割と広めの方がいいです!お部屋の場合ですと角とかがオススメですね。邪魔にもなりませんしインテリアとしても美しく見えます。水槽を置く下には頑丈な板や硬いずっしりしたテレビ台などの上に置くのがいいです。水槽はお水を入れると何十キロ〜何百キロにもなります。なので一番良いのは水槽台を購入してその上に水槽を設置することがベストと考えられます。

 

部屋の角などを利用して設置する事。ドアや窓から離れたところに設置する事(開け閉めの音でびっくりさせない為)

土台は頑丈で水平な場所に設置する事。周りは片付いているかどうか、ヒーターなどが故障して燃え移りやすい物はおいていないかなど。

スポンサーリンク

②水槽を設置して底砂を敷いていく

水槽を設置す場所を決めたら水槽を設置しましょう!置く前に水槽の下に滑り止め防止の下敷きなどを置くと良いでしょう!平行になるように置いてくださいね!

そしたら次は底砂を敷いていきましょう!水を入れる前にしましょう!そうしないともちろん濁ってしまいますよねお水が。。

ここで使うのはソイルまたは砂利!ですね。それか何も敷かないか。それは金魚かメダカ水槽くらいでしょう。

ソイル入れるときは粒が大きい方(ノーマルタイプ)を3cmくらい敷いてから小粒の方(パウダータイプ)のソイルを2cmほど敷くと水草を植えた時抜けにくくなるでしょう。

ソイルを入れた後は定規などを使って整地して水槽の前側から少しづつ高くしていくのが、ベストです!水草を植えた時などに見栄えもよくなりますね!

それから流木や石をレイアウトするという人はお好みでレイアウトしてみてください!

砂利を使うという人はしっかり敷く前に水で洗ってから使用しましょう。やはり最初は汚れていてそのまま使うと濁ったりしやすくなるので気をつけましょう。

ソイルの場合洗わずにそのまま使えますが、整地した後霧吹きなどで軽くソイルを湿らせてあげると最初の濁りを少し防ぐことができます!

砂利を使うという人はしっかり敷く前に水で洗ってから使用しましょう。やはり最初は汚れていてそのまま使うと濁ったりしやすくなるので気をつけましょう。

ソイルの場合洗わずにそのまま使えますが、整地した後霧吹きなどで軽くソイルを湿らせてあげると最初の濁りを少し防ぐことができます!

底砂・ソイルについて詳しくこちらで解説!

③器具をつけていく

水槽に底砂を敷いたら、必要な機材をつけていきましょう!

  • ヒーター
  • ろ過フィルター
  • 照明
  • 水温計
  • エアレーション などなど。。

こちらを正しい位置に設置していってください!ちなみに立ち上げ当時はエアレーションをずっとしておいてください。これはバクテリアの増殖も助けますし、油膜なども消してくれます。立ち上げ当初は酸素不足になりがちです。エアレーションを行うことで酸素を供給してできるだけ綺麗なお水を維持することに期待できます。

④入水へ!

器具を設置したらいよいよ入水です!ここは大事なポイントなので慎重に行いましょう!

入水前にナイロン袋かソイルの空袋を底砂の上に敷いて入水すると濁りを抑えれる!水槽の3割くらいまで入ったら袋は取ること!

袋を敷いて入水しても勢いよく水を入れないこと!下に敷いている底砂が掘れてしまうのでそっと入れましょう。

水草を植える場合はまず背の低い水草(前景)はソイルを軽く湿らせた段階で植えると植えやすくなります。背の高さが普通くらい(中景)の水草は水が水槽の3割り程度で植えることそれから背の高い水草(後景)の水草は6割くらいで植えると植えやすいでしょう。

水草を植えるときのコツは長いピンセットで根の方を掴み垂直にソイルへ植えていきます深く植えすぎるとうまく成長しなかったり浅く植えすぎると熱帯魚達を飼育している時などに当たってしまい抜けやすくなってしまうのでちょうど良い根が隠れるくらいで植えてあげましょう。

前景の水草から順番に植えていくとやりやすいですしレイアウトも決まりやすいかと思います。

流木や石などに巻き付けている水草は最初の流木・石などのレイアウト決めの時に一緒に配置すれば良いかと思います。入水まで霧吹きなどで定期的に水草を湿らせてあげると良いでしょう。

水草を植え終えたら、水を8割くらいまで入れてろ過フィルターを作動させてすぐに水を循環させていきましょう。それと同時にバクテリア高濃度の液(市販で売られてる液体)を入れるとより早く水槽が立ち上がりますよ!

そして入水が完全に終わりヒーターが水没しているのを確認してからヒーターのスイッチを入れて数時間経って水槽の水温を確かめましょう。水温計を入れるようにしておきましょう。

とりあえずここまできたら次の記事で行っていく手順をご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク
  data-ad-format="rectangle">

ABOUT ME
チャンプル
運営者:マルチャン社長 どうも!ブログ管理者のマルチャン社長です! 20代男のアクアリウム大好き海外駐在員です! 私の大好きなアクアリウムを通して皆さんにアクアリウムライフの楽しさと様々な今の話題伝えれたらと思っています。よろしくお願いします!